雁 (Gan) cover

雁 (Gan)

Ōgai Mori (1862-1922)

1. 壱
2. 弐
3. 参
4. 肆
5. 伍
6. 陸
7. 漆
8. 捌
9. 玖
10. 拾
11. 拾壱
12. 拾弐
13. 拾参
14. 拾肆
15. 拾伍
16. 拾陸
17. 拾漆
18. 拾捌
19. 拾玖
20. 弐拾
21. 弐拾壱
22. 弐拾弐
23. 弐拾参
24. 弐拾肆

(*) Your listen progress will be continuously saved. Just bookmark and come back to this page and continue where you left off.

Summary

語り手と同じ下宿にいた岡田は、無縁坂に住むお玉と、帽を取って挨拶をするようになった。お玉は、高利貸、末造の妾であった。ある日、青大将がお玉が飼っている紅雀を襲った。そこに岡田が通りかかり、蛇を退治してあげる。お玉は岡田と近づきになりたいと思い、末造が来ないと決まった日に、下女を帰らせ、岡田を待った。しかし、その日限り、岡田は一人でなく、行き帰りの二度とも連れ立って歩いていた。そして、岡田はその日を最後に、下宿を引き払って、ドイツに留学した。The storyteller describes about the love between Okada (his friend) & Otama (a mistress of an usurer). Okada met Otama when he's walking around. (by ekzemplaro)